千葉のマッサージサロンなら『エリーチェリー ~もみ返しのないマッサージ・癒しの隠れ家~』

非熱の施術を高い出力でも可能にする「セルブースト」

 

これを「非熱モード」といい、あたためることにリスクのある施術
(炎症をおこしている箇所や、温めることで痛みが増すような部位への施術)
への治療目的で使用されます。
この「セルブースト」というモードを使用すると、40%の出力まで非熱でトリートメントをできるとのこと。

出力が高いほど細胞へ与える影響は大きく、施術の効果も大きいので5%ほどしか出力を使えないような治療目的の施術にも もっと高い出力で安全にケアをできる

ということのようです

非熱モードというのは 骨折やぎっくり腰・靭帯損傷とかのような自然治癒に頼るしかないものの回復をより早めるために使用されるのです

でしょうね。

非熱モードというのは 骨折やぎっくり腰・靭帯損傷とかのような自然治癒に頼るしかないものの回復をより早めるために使用されるのですが
これは医療の領域ですので、クリニックや整骨院でしたら使えるかもしれませんが
エステサロンには基本そのような治療目的の方はこないですよね・・

一番使われると思われるのは、まちがいなく日本では

「脂肪吸引・各種美容整形の術後のアフターケア」

でしょうね。

 

千葉のマッサージサロンなら『エリーチェリー ~もみ返しのないマッサージ・癒しの隠れ家~』 PAGETOP